ヤフオクのシステムを使わずに
売る人と買う人当人同士ですべての取引を完結させることをいいます。

この直接取引については、手数料がかからないなどメリットも多いのですが、
その分リスクも伴うのでその点について全て説明していきます。

ヤフオクの直接取引メリット

ヤフオクの直接取引のメリットについて話していきますね。

値下げがしやすい

直接取引のメリットとして挙げられるのが
なんといっても値下げがしやすいと言うところです

これは先ほども言った通りヤフオクの落札手数料が発生しないので
その分の値引き交渉が容易に成立するということなんです。

ライバルがいない

次はライバルがいないという事。
ヤフオクのシステムを使う前に先に出品者と交渉を済ませておけば、
後から来るライバルを無視して自分が納得した価格で取引することができるからです。

これをメルカリに応用すれば
出品した段階で〇〇様専用として
最初から自分専用にしてもらえるということです。

相手を納得させた上で自分の望み通りの価格にすることができれば、
ブルーオーシャンで戦うことができますよね。

手数料がかからない

3つ目は手数料かからないということです。

これは自分が出品者側でも落札する側でも同じで、
出品する側であればわざわざ手数料を払うことがなくなりますし、
落札する側であればそのなくなった手数料を武器にして交渉することも可能だからです。

もちろん手数料が消えれば代わりに手間も増えるので、
それも踏まえてもメリットの方が多いと思ってもらえるかが重要です。

リピート可能

次はリピートが可能だということです。

これはデカイです。

保証が全くない直接取引では、
1回でもスムーズに取引が出来ている相手であれば信用が生まれやすいです。

これを利用して次回からはヤフオクを全く使わずに
メールや電話などLINEとかを使って取引することで
ライバルに全く気づか気づかれずに取引を完結することができるようになるんですよ。

しかもここが業者等があればものすごくラッキーで
一度に数十万~数百万の商品を仕入れることが可能になることもあります。

ヤフオクの直接取引デメリット

ここまでメリットばかりについて話してきたのですが、
もちろんおいしい話ばかりではないです。

もちろんデメリットもあるので、
これについても話していきます。

詐欺

まず1つは詐欺ですね。

どういうものが詐欺なのかというと、

 商品を落札して入金をしたのにも関わらず、商品が発送されなかったり、
逆に自分が出品者側として商品を発送したのに入金がされない。
 
または新品で買ったのにボロボロの商品が来たりすることがあります。

マレーシア、ナイジェリア等の英語には注意

この詐欺の例として
マレーシアやナイジェリアなどの人からの英語での連絡が来ることがあります。

ヤフオクで販売をしていると一度は経験することになるはずです。

出品ページの質問欄に英語で連絡がきて、
英語が分からずにGoogle翻訳で調べてみると
相場より大幅に高い金額で売ってくれないか?

との交渉を持ちかけられます。

これに同意してしまったら最後で、
お金や商品を持っていかれて損をしてしまいます。

だからよくわからない国からの直接取引に関しては全てカットでいいです。

99%詐欺なので無視するようにしましょう。

やり取りが面倒

次にやりとりが面倒ってこと。

ヤフオクの直接取引ってメリットが多い反面、
ここで言っているようにデメリットも多い。

だから自分と同じように詐欺がないように
自分が騙されないようにと警戒しながら取引してくるので、

どっちが先に商品を発送するか?

とかお問い合わせ番号を早く送らないとすぐクレームが来たりだとか
普通のヤフオクを通したやり取りだとまぁまぁ許されるような範囲のことが
少しお互いに過敏になってしまうことでトラブルが起こりやすいです。

お互い不安なんですよ。

だから相手も不安なんだということを理解した上で
プラットフォームでのやりとりをする以上に丁寧にやる必要があります。

丁寧にやることでメリットでも述べたように
今後良い関係を築いていける可能性があるのでオススメです。

未着・未入金トラブルお見舞い制度は使えない

このようにトラブルがあった時にヤフオクに守ってもらえない。

ヤフオクでの保証制度は使えません。

トラブルがあったときなどの補償なんですが、これはもちろん使えません。

直接取引と言う事はヤフオクの規約に反しているので
通報したつもりが自分の不正を自ら暴露しているのは変わりないので
自分で解決できなければ基本的に泣き寝入りになってしまいます。

通報される

何回も言っている通り直接取引してしまう事はヤフオクのガイドライン違反になってしまうので
万が一どこかから通報されたりどこかにばれてしまった場合はヤフオクに通報されてバレてID停止などと言うパターンも考えられます。

ヤフオク 直接取引 やり方

ここでは直接取引のやり方を具体的に話していきます。

メール

まず1つ目はメールです。

ヤフオクでは大体出品者のIDがそのままYahoo!のアドレスになっていますので、
メールをした上で質問欄からメールしました、とメッセージすることによって直接連絡を取ることが可能になります。

電話

次に電話です。

電話は一度取引した後でしかわかりません。
それか一度落札しないと相手の情報は確認することができません。

ですから電話で取引をしたい場合は
ヤフオクのシステム上で取引をした後に
再度交渉を持ちかけるやり方になります。

大事なのは相手のメリットにも目を向ける事

直接取引の具体的な手段を話してきたんですけど
結局は上記の2つの手段を使って
どのように交渉するかが大事になってくるわけなんです。

そしてその時に大事なのが相手にとって直接取引をすることで
どういうメリットがあるのか?

この辺をきちっと話したり伝えたりすることができれば
相手も直接取引に応じてくれるはずです。

例えば、


こちらが大きな現金を一度に入金できて

大量に仕入れることができるであるとか、
1年間とか数ヶ月とか期間を決めて毎月決まった金額仕入れます。

とかね。

そうすることで相手のキャッシュフロー的にも楽になりますし、
大量に仕入れることが出来れば一度ににたくさんの商品を発送することができるので
送料の削減にもなりますし、相手の負担も減らした上で大きな売り上げを上げさせてあげることができますよね。

そのようにしてまずは相手の利益を考えた上で
最後に自分の利益を取ると言う戦略で考えていくと、
双方プラスになる取引ができるようになることが多いです。

ただ、デメリットのところでも言った通り大金を使ってそれを武器にしようとしている場合は、
まずは小額で取引したり、電話で話をして信頼を築いたり、
個人情報を教えてもらったりした方が良いです。

そこで信用を得て大丈夫だなと思ったら
大きなお金を動かし始めた方が堅実だと思います。

まとめ

直接取り引きついて話してきましたが
デメリットも大きいが、リターンも大きい取引方法です。

やる際には注意を払いつつやるべきです。

僕に言わせると
収益的にはものすごい可能性を秘めているので
やる価値はあるかなと感じています。

ただしやるかどうかは自由です(;´Д`)

それでは。

Zero~ONEせどり

ぱんだまん
ぱんだまん
はじめの30万稼ぐなら
これだけ学べばOKっす!

副業、専業限らず、
最初の30万稼ぐために必要な知識をまとめました。
(※ブログ内の鍵付き記事も見れるようになります。)

これさえ学んで動けば実感できます。
(メルマガ特典)