スロットでハイエナをやる時のNG行動について話していきます。

そもそもホールで歩き回るのは良い行動ではないので、基本的にあまり好かれる存在ではないハイエナなのですが、そんな中でも絶対にやめておいた方が良いNG行動が暗黙の了解としてあります。

店舗の規約で禁止されている場合じゃなくてもNG行為はあるし、他のお客さん、店員さんの迷惑となる行為なので、今後スロットで一定期間稼いでいこうと思っている人であれば最低限意識して気をつけるようにしておいてください。

それでは紹介していきます。

張り付き行為

現在進行形でスロットを打っている人の背後にぴったりと張り付いて止めるのを待つ。

これは絶対にやってはダメです。

投入しているクレジットが残り1000円で、『もうすぐやめそうだ』と予想ができる場合でも、真後ろについてぴったりと張り付かれたら、良い気分は決してしませんし、かなりのいらつきポイントmaxな状態になってしまいます。

張り付いている側は気づいていないかもしれませんが、打っている人からすれば背後で人が自分の台を覗いていたり遠目から見ていても大体気づきます。

自分のが台画面が暗転したときに
後ろにいる人が見える場合もありますし、普通に反射で見える場合もあります。

見えなくても
人の気配もビンビンに感じるんですよ。

なのでどれだけ稼ぎたいとしても
背後で順番待ちをすると言うのは絶対に禁止です。

当たりそうな時にやられると
結構ストレスがやってきます…笑

掛け持ち

次に台を掛け持ちする行為です。
(店自体も禁止している場合が多い)

1人でスロット稼働していると、
自分が打っている間に隣の台や近くの台が
おいしい状態で落ちるなんてこともよくあることです。

でもその時に物品でキープする行為というのは絶対にやっていけません。

これは店でも禁止されている場合が多いですし、
ホールにいる他のスロッターの人たちに対しても迷惑な行為になってしまいます。

1人で複数の内を占領してしまうのは禁止ですし、嫌われます。
場合によっては絡まれて追い出される場合だってあるので注意してください。

短時間で何周も歩き回る行為

短時間で同じ場所ぐるぐるされると、
さすがに打っている人にもストレスが溜まってきます。

稼ぐためにはホールの状況を把握していくことが必要なのですが、
そんな数分単位で打てる台が育つはずもないので、
1度ホールを確認して打てないようなのであれば一旦待機しましょう。

離席した瞬間に台を確保する

自分が今まで打っていた台から人が離れた瞬間に
他の人が猛スピードで寄ってきて台を確保をされたらどう思うでしょうか?

決して良い思いはしないはずです。

ライバルが多い店舗ではある程度のスピードが必要ですが
一般の人に嫌われない最低限のマナーは必要です

服装が汚い、清潔感がない

これはせどらーーにも共通することなのですが、
服装がだらしない場合が多いです。

せどりだって店員さんと話すことや交渉することだってありますし、同じ店に複数回行くのであれば、店員さんに覚えられるはずなのでその時の印象が悪いと、何もいいことがないんですよ。

スロットでも店員さんと話す機会ってあります。
何回も通っていれば顔も覚えられます。

そこで髪がボサボサだったり、
体臭がひどかったりするとメリットが1つもないです。

別に良い服を着たほうがいいわけでは無いし、
収益に直結するわけではないですが、最低意識して出向くようにしましょう。

【まとめ】お客に嫌われると店員さんにも嫌われる

NG行為の代表的な例を解説してきましたが、
稼ぎたくても最低限のマナーは守らなきゃダメです。

お客さんに迷惑をかけていると
そんな店には行きたくなくなってしまい、
結果的に売り上げが減ることにつながってくるので
迷惑行為というのは店客両者に嫌われます。

せっかく稼げる手法なのですから
マナーを守って少しでも長く稼働できるようにしましょう。

それでは今日は以上です。