今日は中古雑誌せどりということで
本せどりよりもさらにジャンルを絞った商品の仕入れ方について解説していきます。

ちなみに中古雑誌せどりという位ですので、普通の本せどりとやり方等が違うのか?と言う疑問が出てくると思いますが、基本的には同じなので、ここで学んだ事は普通の本せどりにも生かせないかどうか?を検証しながら行動してみてください。

それでは解説していきますね。

中古雑誌せどりの良い点悪い点

良い点

利益率が高い

まず最初の良い点と言うのは利益率が高いと言うことです。(比較的)
これは雑誌に限らず中古商品を転売する際には言えることですけどね。

仕入れた価格の2倍3倍で販売できるなんて事は普通ですし、
さらに本せどり全体に言えることですが、回転が速い商品が多いです。

なので利益率の高い商品を高回転で回すことが可能になってきます。

 

数万円からでも仕入れが可能

次に資金が少ない人でも
数百円からの仕入れが可能ということです。

雑誌せどりの仕入れ先は主にBOOKOFFや古本屋などが中心となるわけですが、本の仕入れ価格というのは数百円から高くても数千円の商品がほとんどですので、たとえ今持っている資金が全部で数万円だとしても資金を回転させていくことが可能です。

 

真贋調査が来ない可能性が高い

真贋調査が来ない可能性が高い事なんですよ。

雑誌せどりのメリットと言うのは資金が少ない人でも始められることなんですけども、
資金が少ない事は、すなわちせどりを始めたばかりの人の可能性が高いわけです。

アマゾンの評価や実績がまだ積めていない時に、アマゾンから抜き打ち調査の真贋調査が入る人が増えるリスクを減らすため、本せどりからスタートさせて売り上げと販売個数を増やしていくことで、少しでもアカウントのパワーを高めておくという事は本せどりで利益を出すことより大事なことなんじゃないかと思ってます。

真贋調査に関しては領収書等が用意出来れば問題ないという声もありますが、一応準備はしておきましょう。
ちなみに『本だから調査がない』なんて根拠は一切ありませんのでお忘れなく。他の中古商品は普通にあります。

 

悪い点

利益額が低い

メリットの店で利益率が高いと言うことを話したのですが、
悪い点は利益額が少ない事なんですよ。

いくら利益率が高かったとしても仕入れ価格が低かったら
どれだけ利益率が高くても利益額の天井は知れています。

だからまとまった額を稼ぐためには、
数百円数千円の利益の商品を何冊も何十冊も仕入れる必要があります。

 

作業が多い

そうなったときに問題となってくるのが作業量が多くなってしまうことです。

新品であれば仕入れてきて段ボールに入れてFBAに直送すれば、すぐ販売できる体制を整えることができるのですが、中古の本である場合はまず商品の状態を決めて商品説明文等も書かなきゃいけないですし、本の内容に書き込みやマーカーなどひいていないかも検品しなければなりません。(低評価の原因となります)

なので中古全般にも言えることなのですが、数を多く仕入れる中古せどりは思ったよりも時間がかかってしまうことがデメリットの1として挙げられます。それでも資金が少ない人であったり今からせどりをスタートしようという人にはオススメですけどね^ – ^

稼げる雑誌のジャンルはこれ

次に店舗にリサーチに行ったら
絶対に見た方が良い雑誌のジャンルについて話していきます。

大体本せどりと被ってますね。

年齢層が高く、専門性があるジャンル

まず1つ目は買う人の年齢層が高く専門性があるジャンルです。

これも本せどりをやる時に言えることなのですが、年齢層が高くて専門性があったりファンが存在するジャンルだとある程度高くても購入される可能性が高いです。

これは予想ではなくてデータを見て言ってることです。

例えば、車やバイク等の乗り物系の雑誌は価格が上がっている商品が多め。
さらには鉄道などのファンがいるカテゴリーも上がる雑誌が多いです。

トレンドの関連本

次にトレンドに関連している雑誌なのですが、芸能人の引退であったり他界であったり、アニメかゲームかが決まったりするとそれに関連した雑誌の価格が行動することがあります。

人のマイナスのニュースがあった時に、その関連商品を買い占めるというのは非難されてしまうのであまり言わない方が良いのですが、個人的には稼ぎたいならやったほうがいいです。

ぱんだまん
ぱんだまん
『稼ぎましたー!』って自慢するから避難されるのよ

店頭では買いにくいジャンル

店頭では買いにくいジャンルです。

いわゆる下ネタ系ですね。

エロ系雑誌の本棚の前でリサーチするにはメンタルが必要なので、
リサーチする際には精神を整えてからリサーチに行ってください。

ただ、ここは儲かります!

稼げる雑誌の事前リサーチして把握しておく

ここまでで稼げる雑誌のカテゴリに着話してきたのですが、
上記のカテゴリ以外にも全然稼げる雑誌というのは存在します。

なので現在進行形でどんな雑誌の価格が上がって売りやすくなっているのか?

というのを事前にアマゾンでリサーチしておいて、どんな本が高く売れるのかというところをイメージしておくことによってリサーチも捗るようになります。

下記が参考になります。

アマゾンで売るわけですから
アマゾンでどんな商品が高く売れているのかを知っておいて損はないです。

カテゴリ分けをできていれば、BOOKOFFで雑誌の種類別に本棚に陳列されていたとしても効率の高い場所からリサーチすることができるようになりますよね。

それに『高く売る雑誌はあるんだ』ということを知れることも
モチベーション維持のために重要なことです。

【まとめ】利益率は高めだがガッツリはキツい

中古雑誌せどりで稼ぐためのポイントとメリットデメリット等について話してきたのですが、あくまでがっつり稼ぐ手法ではなくて単に本せどりの1部として考えておいた方が良いです。

ぱんだまん
ぱんだまん
雑誌せどりは10万稼げればひとまずOK(それでも多いけど)

ただでさえBOOKOFFだけだとジャンルを制限してしまっているのに、そのBOOKOFFの中でも雑誌に絞ってしまうというのは可能性を縮めているということなのです。

だからこの雑誌せどりに取り組む時と言うのは数日で基本的なことをマスターしてしまって、最低限は仕入れられるようになり、すぐ次のジャンルについての勉強したほうがいいです。(※せどりをはじめたばかりの場合は評価を貯める目的にやるのはアリ。新品を仕入れる時にも領収書をもらえる店に絞ること)

決して雑誌せどりをめちゃくちゃ深掘りして極める必要はありません。

本には雑誌だけじゃなく漫画も小説もビジネス上だってありますし、もっと言えばBOOKOFFにはゲームや家電やDVD、Blu-rayなども置いてありますのでそのカテゴリも広げていく勉強と行動が必要になってきます。

ただ少資金で始めるときには有効な手法だと思いますので、まずはある程度評価を貯めるためという事と利益と売り上げを出すことを実感するために取り組んでみてください!

それでは!