せどりや物販をやっていると
様々な配送サービスがあってよくわからない人が多いはず。

今日はメルカリに付随するサービスである、
ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違い!

について解説していきます。

らくらくメルカリ便はヤマト
ゆうゆうメルカリ便は郵便局

 

以上が提携先になります。

ゆうゆうメルカリ便は郵便局提携

特徴としては5つあります。

小さい商品はオトク

メルカリ便の中で小型商品の最安値です。

発送先に関係なく同一料金で発送出来るので
送料による利益の圧迫を気にする必要がありません。

通常の郵便局との差額はメルカリが負担してくれます。

自宅、家以外にコンビニ、郵便局で受け取り可能

メルカリ等のフリマアプリをやっていると様々なお客さんが居て
様々な要望を受ける事があるのですが、その中でも発送先についての要望は一定数あるので
自宅以外にも対応しているのは助かりますね。

※ゆうゆうメルカリ便以外はやってません。

宛名先不要で匿名配送

住所がバレたくない人にとっては良いサービス。
女性の1人暮らしの場合なんかは重宝されそうです。

住所をバーコードに変換して発送するので
目視ではわからない仕様になっています。

あんしん配送サポート補償

商品が壊れていたり、
不具合があった場合に購入者に対して2割程度の補償がされる制度。

そして、個人的な意見では補償されるまでの審査みたいなものが厳しいイメージがある。
詐欺目的の人もいるようなので仕方ないですが、、、

あと2割は少ない。
厳しくても良いけど高額商品で2割しか返金されないと
実質泣き寝入りになってしまうので注意が必要。

らくらくメルカリ便

宛名書き不要
あんぜん匿名配送
あんしん配送サポート

上記の3つは共通していて、
プラスして2つが特徴になります。

配送状況が確認出来る

いつ届くのか?
今どこに商品があるのか?

細かく確認出来るので
不在で受け取れないというミスが減りますね。

配送サイズが幅広い(A4~160サイズ)

幅広いサイズを一定の料金で発送出来るのが強み。
ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便の3つの配送方法で発送出来ます。

ゆうゆうメルカリ便の料金

ゆうパケット

全国一律175円

60cm以内、(ネコポスより安い)

ゆうパック

60サイズ:700円
80サイズ:800円
100サイズ:1,000円

(60サイズ〜MAX100サイズ・重さ〜25kgまで)

らくらくメルカリ便

ネコポス

195円(税込)

集荷なし

宅急便コンパクト

380円(税込)

集荷料30円、ヤマトが対応

宅急便

60サイズ(〜2kg):700円
80サイズ(〜5kg):800円
100サイズ(〜10kg):1,000円
120サイズ(〜15kg):1,100円
140サイズ(〜20kg):1,300円
160サイズ(〜25kg):1,600円

集荷料30円、ヤマトが対応



まとめ

最後にまとめると、両者に違いはあれど
どっちを使うかに関しては、らくらくメルカリ便を使ってください。

理由は1つでヤマトの方が優秀だからです。
(あくまで僕の感想)

まず、レスポンスも配送も早いし
仕事が出来るイメージしかありません。

だから迷ったらとりあえず
らくらくメルカリ便を使っておきましょう。

それでは!

Zero~ONEせどり

ぱんだまん
ぱんだまん
はじめの30万稼ぐなら
これだけ学べばOKっす!

副業、専業限らず、
最初の30万稼ぐために必要な知識をまとめました。
(※ブログ内の鍵付き記事も見れるようになります。)

これだけ学んでまずは利益を出してみてください。
で、成果が出なかったら連絡ください。

なんとかします。

(メルマガ特典)