こんにちはぱんだまんです。
今日は、せどりの遠征について解説をしていきたいと思います。

まだ行ったことなければ興味もあると思うし
やってみたい気持ちもあると思いますので
実際にやってみた内容を話していきます。

メリットはとにかく楽しい!やる気MAXに

まず最初のメリットから話していきますが、
イメージ通りとにかく楽しいところが1番です。

せどりは単調作業ってところで、
ある程度稼げていてもやっているうちに
作業に飽きてきてしまうのですよ。。

でも遠征代であれば旅行気分も入ってくるので
やる気を保ちながらリサーチをすることが可能になってきます。

そして遠征仕入れの場合でも事前にマップをリサーチして

どこの店を回っていくのか?

ルートを決めていくのですが、
そこで宿泊をして遠征する場合には、
ホテル、その地域のご飯が美味しい店やお酒が美味しい店をリサーチしておくことで、
当日リサーチのモチベーションをを上げることができるようになるんです。

それともう一つは仕入れの幅が広がるという事。
限られた時間の中で1日で回れる地域だと人によっては
どこの店に行っても利益を抜けない事があるかもしれません。

そんな時に遠征をして
稼働エリアを広げる事で新たな店舗や商品に出会えます。
(これについては後ほど考えを述べます)

デメリットは必要経費がより増えること

次に遠征せどりのデメリットなんですが、
1番は普段自分の地元のテリトリー内で仕入れをしている時よりも
必要な経費が増えてしまうことです。

ガソリン代
宿代
高速料金
飲食代
※レンタカー代
せどりで車無いのは意味不明な件

メインは上記の経費がかかってきてしまうと思うし

先ほどメリットで話したように初めて行った土地であれば
その土地の美味しいものやお酒などが進んでしまうと思うので、
思ったよりも多くのお金を使ってしまうリスクがあります。

ワクワクが先行して結局稼げないかも

普段の仕入れで必要のないホテル代や飲食代があります。

安く済ませたいのであれば、
ネットカフェや地方であれば健康ランドなどを選んで宿泊すればいいのですが、
安くても2000円から3000円ぐらいは平均でかかってきてしまうので地味に負担となります。
(※ちなみにネットカフェ等だと思ったより疲れが取れません)

さらに夜の飲食代や車の駐車場代等を合わせてしまうと
5000円から10,000円ぐらいは減ってしまうことになるはずです。

ネットカフェは大体駅前にあるので
近辺の駐車場は有料なはずです。

さらに飲み過ぎると
次の日に寝坊してしまいます。

ここから言える事は、
遠征せどりをしても楽しいけど結局終わってみたら
利益が残っていないかもしれないことなんです。

何も仕入れなくても1日で5000円から10,000円は消えてしまうので、
実質マイナスからのスタートなわけですよね。

無料で旅行に行けると言われれば聞こえは良いかもしれませんが、
ビジネスとして稼ぐために遠征仕入れをしているのであれば
経費を引いてもプラスになるような仕入れができないと行く意味がありません。

単一の知識じゃ利益を取りこぼす

遠征をしていると
本当に自分の知らない店舗がまだまだ存在するんだなと思う。

そういう時に単一の知識しか持っていないと、
自分の専門外になった時に仕入れができないし
結局知識がなくて仕入れることができないから
「この店はスルーしてしまおう」思考になってしまうんですよ。

もしあなたが
ブックオフ本せどりの知識しか持っていないのであれば
遠征に行ったとしても、

その地域の「ブックオフしか」回ることができません。

家電もリサイクルも食品もおもちゃもあるのに。。。

これ、、はかなりの機会損失でして

回れる店舗が少ない事はそれだけ移動距離も増えてしまうし、
小さいところで言えばガソリン代なども増えてしまいますし、
何より基礎を少しだけ学んでおけば取れたはずの利益が取れなくなってしまうんです。

最初にデメリットで経費が増えると言ったのですが、
この「取れるはずの利益を取りこぼす」というのは最大のデメリットなので
遠征で楽しみながらしっかり利益も残したいと言うのであれば、

事前にその地域の店舗を調べておいて、
基本情報だけでも仕入れて学んでおくだけでも全然収益が変わってきます。

『店舗数が少ないから遠征』は大抵知識不足

先日メルマガで
「私の周りは店舗数が少ないから他県に遠征に行った方が良いでしょうか?」

と質問が来たのですが、

・現時点での収益が月10万以下
・超ド田舎で本当に店舗が全くない人

でなければ、
遠征に行く前に知識のインプット量が足りない可能性が高いです。

しょぼい店舗は存在するので断言はできないのですが、
自分が1日で回れる圏内に店舗が5から10程あれば
基本的にどんなに最悪でも10万は普通に超えてくる数字です。

なので『自分の周りに稼げる店舗がないから遠征するぞ。』

という考えの場合は
1度今まで学んだ知識を学び直してみることをお勧めします。

遠征仕入れは実力差がモロ出る

ほんとに遠征仕入れというのは
楽しさももちろんあるのですが
リサーチの実力差というのがモロに出る方法です。

というのも普通に自分の地元でリサーチする時は
何度も行っているので、利益の取りやすいカテゴリーであったり、
エリアなどが大体頭に入っているわけですよ。

普通は、
行けば行くほど店舗の滞在時間が効率化されて短くなります。

僕のように
地域密着型のせどりをメインとしていると
かなりの凄腕じゃなくても
今までの仕入れデータがありますので
そこから効率よく仕入れをすることが可能なんです。

ですが遠征仕入れとなると
初めて行く店舗で利益商品をリサーチして見つけていかなければいけません。

値札の特徴だって違ってくるかもしれませんし
どの商品カテゴリーが利益を取りやすいのか?
これをわかっていない状態でリサーチしていかなければいけないので、
商品知識やリサーチ能力の差が出てきます。

なので遠征仕入れで10万円以上の見込みを1日で取れる人は
上位層だと思って良いと思います。

まとめ

本当に遠征が必要なのか?を考えよう

最後にまとめですが、最終的な利益を大きくするために
本当に「遠征仕入れが自分に必要なのか?」というところを考えた上で検討するようにしましょう。

もちろん興味本位で1度ぐらいは行ってもいいと思いますが、

『遠征に行った場合』

『行かないで商品知識やノウハウの勉強して
自分が1日で回れるエリアでのリサーチの幅を増やして実践していくこと』

のどちらが稼げるのか?
を比較してやるべきかどうかを決めてください。

それでは今日は以上です