どーもぱんだまんです。

これからせどりをやっていくにあたって
どのような流れで商品を仕入れて販売するのか簡単に説明します。

大まかな流れで言うと下記のようになります。

1、仕入れる商品をリサーチ
2、実際に購入して仕入れる
2、梱包、出品、納品
4、商品が売れる
5、評価をお願いする

1、仕入れる商品リサーチ

まず僕らがこれから実践していくのは物販ビジネスですから
最初にお金を投資して商品を仕入れしなければいけません。

そこでやるのが儲かる商品を探すという作業になります。

インターネットから探しても良いし
自分の地元のスーパー等でも
Amazonで取扱のある商品であれば全てOKです。
商品があればどこでも良いです。
オールジャンルで稼ぎにいけます。

※はじめは出品できる商品が制限されていますので
どのカテゴリの商品が出品できないのか確認しましょう。
制限されている商品でも申請して承認されれば出品できます。
決して難しいことではないのでやらないとダメです。

選択肢が狭まるだけなので損をするだけです。

カテゴリ申請はやらないと圧倒的に不利です

2、実際に購入して仕入れる

で、相場等を調べて問題なく利益が出るなと判断できたら
お金を支払って仕入れをします。

最初は売れなかったらどうしようと不安になるのですが、
仕入れて販売しないと何にも始まらないので
パッと行動できないと成長しません。

ちなみにせどりを長年続けているベテランの人でも
仕入れた商品が赤字になってしまったり、売れ残ってしまったり、
仕入れの失敗は少なからずあります。僕もゼロとは言いません。

ただその度に何故この商品は値下がりしたのか?
何故この商品は相場通り売れなかったのか?

等等、失敗してしまった要因を分析するクセがついてくると
今後失敗をするリスクを軽減することが出来ます。

僕のショップの数字で言うと
9割以上は相場を検索するツールであるモノレートを確認しておけば
問題なくその商品は売れていっていますので、
最初はこのツールの見方や使い方をマスターしておけばOKです。

3、出品・梱包・FBA納品

仕入れたら商品を出品して梱包&FBAの倉庫へ発送します。

最初は自分でダンボールを用意したり、
商品を梱包したり体験してみるのはアリだと思いますが
僕のように本業があったり面倒な人は
出品から納品まで代行してくれる会社もあるので
そちらを検討してみるのをおすすめします。

レベルアップする毎に商品数も増えるので
全て自分でやっていては収入が増えていきません。

時間をかけるとすれば
仕入れに使うのが1番お金になるので
それ以外の作業はどんどん人やシステムに任せる方向で
進んでいきましょう。その方法も今後お伝えしていきます。

5、アフターフォロー

FBAに商品を発送しておけば販売と返品された際の返金等は
自動で行われるのですが、お客様からの直接の質問やクレーム電話等、
自分で対応しなければならない部分もあります。

その際には話をしっかり聞いて
冷静に対処しなければいけません。
完全に相手が間違っていてもです。
喧嘩口調になるとかは言語道断です。笑

お客様とトラブルになると
なにが1番困るか?っていうと
購入された後の出品者への評価なんです。

実際にAmazonで購入したことがある人はわかると思いますが
出品者のストア評価がパーセンテージで表示されていますので
売り上げにも響きますし、プラットホームからの信頼も落ちます。

これから物販を続けていくのであれば
これだけは避けていきたいので自分のアカウントは
1日に1回は確認できるようにしておくべきです。
これで迅速に対応できるので。

それにお客さんからの質問を24時間以上放置すると
自分のアカウントの質も下がるんで注意が必要ですね。

そしてもう1つやるべきことは
評価依頼のメールをこちらから
お客様に送ることです。

やってみるとわかるのですが
自発的に評価をしてくれる人って
ほんとうに少ないです。笑

何もしなければおそらく20人に1人くらいですかね。
いや,,,,,もっと少ないかもしれない笑

なので、こちらからアプローチをかけて
評価してくれるように行動を促す必要があるわけです。

ですが毎日数十~数百商品売れていく中で
1人1人にメッセージを送るのはメンドクサイです。
ここに関しては自動でお客様にメッセージを送信してくれるツールがあるんで
導入してバンバン活用していきましょう。

ツールの詳細についてはこちらの記事で解説しています。

在庫管理は当然自動化でしょ?

全体像がつかめたら次のステップへ進んでください。