こんにちはぱんだまんです。今日はですね、
長期在庫保管手数料について話していきたいと思います。

せどりをやっているのであればもちろんFBAを使うのですが、
初心者の人ほど仕入れの部分ばかりにフォーカスしていて、
仕入れから販売まで完了して
初めて利益が出るということを意識していません。

よって在庫管理がダメになってしまい、
後々に取り返しのつかないことになるという場合が結構多いです。

自分の在庫が今どれくらいあるのか
どれぐらい保管されているのかをちゃんと確認して、
自分の出したお金と入ってくるお金を把握しておかなきゃだめですね。
要するにキャッシュフローを意識してない人が多いと言うことです。

アマゾン側としても、ずっと放置されている在庫から保管手数料取るよりも回転率の高い商品をいっぱい送ってくれてたくさん商品が売れてそこから手数料取る方が儲かりますからねー。

出品者もどんどん増えているので
無駄な商品が増えるとスペースが狭くなるし
その結果作業効率が落ちてしまうデメリット等もありそうです。

おそらくそんな理由から
大々的にお金を回収するためのルールが新しく出来ました。

 

【8月15日と2月15日】年に2回の罰金企画が開催されます。

 

で、そんな在庫管理を怠っている人達から
一気に手数料を徴収するというものです。

これが長期在庫保管手数料ですね。
具体的にどれくらい取られるかを下記にまとめました。

 

手数料

・180以上保管されている商品

 1,000 立方センチ (10cmx10cmx10cm)あたり 87.4285 円が課金されます。


・365日以上保管されている商品

 1,000 立方センチ(10cmx10cmx10cm)あたり 174.857 円が課金されます。

 

ハンパないですよ!!(笑)
半年以上でも高すぎるのに
1年以上になると倍の料金を請求されます。

普通のDVD1枚を365日以上保管していた場合、
大体ですが、400円~500円くらい請求される計算です。。。。

家電や家具など大型の商品が大量にあると
もう破産レベルですね。。(笑)

今まで在庫管理に意識を向けてなかったセラーにとっては
改善していくいい機会になるかと思います。

もちろん〚寝かして売る〛みたいに手法として
保管している人もいると思いますが、
このルールだと大分キツい状況になると思います。

自己発送にするとか、
自宅保管とかやり方を変えないといけないですね。
(まあ寝かす手法はあんまり儲からないという認識なんで
僕はおすすめしませんがww)

話を戻しますが、
やはり、多くのセラーにとって
今回の長期在庫保管手数料は相当な痛手になるので
出来ればそんなものは支払いたくないと思います。

って事で事前に簡単に予防できる方法をお伝えします。

3分で出来る長期保管手数料を回避する方法

 

それでは、お伝えします。
保管期間をその都度チェックしていくのは
相当面倒な作業なので無理ゲーすぎます。

そこでパパっと確認できて、
更には返送まで出来てしまう方法があるので
出来ていない方はやっておきましょう。

(確認だけであれば
セラーセントラルから在庫健全化ツールに飛べば
長期保管在庫一覧と手数料を見ることが出来ます。)

今回お伝えするのは
長期保管在庫を自動で返送してくれるサービスです。

やり方は簡単です。

1,まずセラーセントラルを開きます。

2,右上の設定の欄からFBAの設定をクリックします。

3,長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄をクリック

4,はじめは無効となっているため、

1,長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて廃棄
2,長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて返送
3,返送、または廃棄する在庫のしきい値となる価格を設定

上記3つの内から選ぶことになりますが
基本的には2番目の返送を選んでおけば問題ないです。

3番目が少しわかりにくいのですが
簡単に言うと長期保管手数料の対象となった商品が
その時点で設定した価格より低ければ返送されて、
高ければそのまま在庫として残るということです。

ちなみにここで在庫として残った商品は
手数料を請求されてしまいます。

今回の場合に関しては必要なさそうですね。

3つの内から選択して
アドレスなどの必要事項を書いて更新したら完了です。

これで自動で商品が返送されてくるので
いきなり手数料をくらってしまう心配はありません。

すぐに終わりますんで
早めにやっておいたほうがいいですよー
あとで怖いことになります。

PS

ちょっと関係あるおはなし。↓

在庫管理とお金の話