どーも、ぱんだまんです。
今回は中古せどりについて話していきます。

日給10万も狙えるのが『中古せどり』

今せどらーの間では、
新品せどりの人気がハンパないですが
中古でも稼いでいる人はかなり稼いでいます。

差別化もしやすいので
利益の出しやすい分野の1つであることは確か。

学ぶ価値は十分にあるし
飽和もすることはないので学んでおいて損は無いです。

しかも、中古って実はめっちゃ稼げます。
まず新品に比べて利益率が高いのが特徴ですので、
低資金でもまとまった利益を出しやすいんですよ。

資金100万で40~50万稼ぐのは
決して難しい話ではないです。

ちゃんと学んでいけば
中古市場で利益を出していく事は出来ますので
手法の1つとして使えるレベルにしておきましょう。

巷に出ている店舗が全てではない

まず、中古せどりというと、
どのような店で仕入れをすることを言うと思いますか?

一般的には

BOOK OFF
HARD OFF
セカンドストリート
トレジャーファクトリー
ガレージオフ
ホビーオフ
モードオフ
リカーオフ

これが有名な店舗一覧っていう感じですかね。

でも考えてみてください。
上記以外にも中古品を取り扱っている店って
日本中にほんと大量にあるんですよ!

『仕入れられる店は全て仕入先』

これがせどりをやっていく上で重要な視点ですので、
ネット上に出回っている店舗だけに固定してしまうのは
非常にもったいないです。(中古に限らず)

全国的に中古品を扱っている店は大量にあるんだから
まずは自分の周りにどんな店があるのかを把握する。

これだけでも大きな進歩です。

GoogleMapを開いて、
キーワードを打つだけで自分の地元の店は大体出てきます。

『中古』
『リサイクル』
『買い取り』
『古本』

とか、思いつくワードをGoogleMapで検索してみてください。
大体の場合は多くの店舗が出てきます。

他にはタウンページで調べる方法もありますよね。
地域の店の詳細が載っていますので、
それを片っ端からマップに登録していくんです。

(マイマップの登録は必須なのでやってくださいね)

これができれば一応は準備完了です。

まずは型から学び、そして拡げる

店の場所が把握できたら、
次は実際に仕入れに行きます。

ですが、全くの初心者である場合には
何を目安に仕入れをして良いのかがわかりません。

そのため、
最初に必要なのが先駆者の情報です。

別に僕だけから学ぶ必要性は全く無いです。
僕より仕入れが上手くて稼いでいる人なんて
大量に居ますから、まずは検索です。

今や、基礎レベルの情報は
ネットに出回っていますから
店舗ごとに仕入れ方を調べていきます。

『中古せどり 仕入れ方』

と検索して1ページ目に表示されたサイトを見て、
メモ帳に要点をまとめておくだけでも十分なマニュアルになるはずです。

稼いでいない人は
これさえもやっていないんですよ。

『有料商材買えば稼げる』
『塾に参加すれば稼げる』

そういう依存性のあるマインドだとダメなんですよー

僕が調べてみると、結構あったんでまとめました。
僕の知っている知識もプラスしてシェアしておきますね。

・中古リサーチ方法

∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇

・HARD OFFでは赤札は優先度がかなり低い

・ジャンク品でも『通電済み』『画面移ります』『電源入りました』
といったコメントがある商品であれば、出品できる可能性がある。

・人の肌に触れるような商品は
ほとんどの店が『未使用品、新品同様』として販売されている。
そのため、見つけた場合は即リサーチ。
具体的には化粧品や電動歯ブラシなどがある。

・中古店のジャンク品コーナーにある
『未チェック』というのは、
決して壊れているわけではなくて
文字通り何も調べていないという事。
ここで仕入れが出来るようになると強いけど
最初は、何を確認すればいいかわからないので
少し敷居が高い。全く知識がなければ
店員さんに協力をお願いして検品もアリ。(忙しいと対応してくれない)

・ライバルは面倒な商品は見ない。
その典型が箱のない商品です。
リサーチする時にビームが使えないので
キーワード検索する必要がある。
さらに梱包も面倒となると嫌煙されがち。
利益の取りやすい商品は家電が圧倒的に多く、
続いてゲーム機や工具などがある。
(これは補足すると家電だけではなくてすべての商品に言えます。)

・中古店において、個人店でも大手の店でも
箱の中身を確認することは必須事項です。
例えばおもちゃの部品って結構細かいんですよ。
なので店員さんでも商品説明をミスしている事があるのは良くある話。
帰宅してから値下げせざるを得ない状況だけは避けよう。
そしてジャンクコーナーや未チェックのコーナーでは
未使用の商品がジャンク価格で販売されていることがある。
文字通りチェックしていないので起こることです。

・中古店のデメリットとして
常に安定した仕入れが出来ていないという側面がある。
どういう時に買い取りが多いのか?これを考えると効あ率的に仕入れができる。
お客さんが商品を売りに来るタイミングは休日が圧倒的に多い。
土日に商品が大量に入荷するならば査定からの棚に並ぶまでの時間も考えて
休日明けに仕入れに行くのが最も仕入れが出来る可能性が高い。
いくらスキルがあっても商品がなければ見つけることは出来ないので
時期の把握はしておくべきです。

∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧

結構有益な知識じゃないですか?笑

検索して調べるだけで
この情報が手に入るんです。

この情報知っているだけでも
そこそこ稼げると思いますよ。

5万とか10万じゃなくて
全然、数十万狙える情報ですよこれ。

Amazonでも中古なら差別化出来る

中古品を扱うメリットとして
新品に比べて差別化が容易だということが挙げられます。

Amazonって1つの商品に
多数の出品者が群がっているんです。

だから誰から購入しても
届く商品は同じなんですよ。

だから新品で差別化するんであれば
評価と価格でしか差別化は出来ません。

その結果新品は
出品者が多いと値下げ合戦が始まるんです。

逆に中古はどうでしょう?

例えばゲーム機を買う場合。

単純に価格が1番安くて
評価が良いセラーから購入しますか?

そんな事無いですよね?

中古であれば
まず気になるのは状態です。

いくら文字でキレイだと書かれていても
実際にはわかりません。

一手間加えて写真を掲載するだけで
購入率がグンと上がるんですよ。

まずはこの写真が1つ目のポイント。

次は商品説明文です。

欠品はあるのか?
部品の状態はどうなのか?
正常に動作するのか?

できるだけ詳細を記載しておくべきです。

中古を購入する人は
多くの人が不安なんです。

だから購入前に少しでも
安心してもらわなければいけません

高額商品ならなおさらですね。

しっかり文章を書いておけば
同じ状態でも高い価格で売れます。

これはやらない手は無いです。

やらないと価格を下げないといけないし
購入もされにくくなるんで回転も下がります。

レバレッジを意識した仕入れを

レバレッジっていうのは
1度で2度、3度オイシくなる仕組みをいいます。

これが中古では比較的簡単に出来る。(天井は低いが)

やり方ですが、何もわからなければ、
まずは具体的な店舗の仕入れ方法を調べます。

ハードオフでもブックオフでも何でも良い。

調べたら実際に店舗に行って
リサーチすれば多かれ少なかれ商品は見つかる。
(全く見つからなければ試行回数か知識が足りない)

見つかるんだけど、ここで終わりではない。

中古という商品の特性上、店舗に多く出回っていないので
そもそも、その商品自体をリサーチしている人が少ない。
だから店舗で見つけた商品は電脳でもリサーチすると
ライバルの少ない所でリサーチが出来るので仕入れがしやすい。

これは新品でもやったほうが良いけど、
仕入れられる可能性は中古よりは低いんです。

古物商はとりあえず取得

中古せどりというより、
物販をやっていくのであれば古物商は必須です。

新品中古に関わらずという事です。

『自分は新品しか扱ってないよ』

という人も
1回でも人の手に渡った商品であれば古物になってしまうんです。

フリマアプリやヤフオクでも仕入れますよね?

そうとなれば取得する必要が出てくるんです。

『こういう場合は古物商必要ですか?』

といって疑問が少しでもあるなら
取得しておきましょう。

悩んでいる時間がもったいないです。

ここ最近はAmazonの規制もコロコロ変わりますし、
いつ古物商の資格が必須になるかわかりません。

許可が降りるまで
1ヶ月とか要しますので
取るなら早めにって感じです。(価格は2万円くらい)

手続方法は簡単で
検索すればたくさんでてくるので
パパっとやってしまうことをオススメします。

デメリットは把握しておく

ここまで中古の良いところに
フォーカスしてきましたけど
デメリットも把握しておかなければいけません。

まず1番のデメリットは
手間がかかるという事です。

検品や清掃、梱包な、出品など
新品にはない工程が多くて時間がかかる。

その分利益率は高い傾向にあるんですけどね。

だから数十万クラスであれば
1人であっても結構簡単にいけるんですけど
100万とか稼ごうとなれば話は別で、
よほど効率的に上手くやらない限り
タイムオーバーになってしまうことがほとんど。

次のポイントは損切りがしにくいという所です。

仕入れミスや急激な値下がりで
利益がマイナスになってしまった時には
損切りの必要性が出てきますが、
新品よりは回転が悪いので
すぐに売れていかない事があります。

損切り目的で価格を下げても
売れない場合は廃棄処分にするしか無いです。
保管手数料もたかいのでいつまでも保持しているわけにはいきません。

なので中古のロングテール商品は、
あまり初心者にはおすすめしていませんし、
僕もその割合はそこまで多くないです。

ある程度経験を積んで
仕入れ判断が正確になってから
少しづつ取り入れていくのが良いです。

最後のデメリットは、
仕入れ範囲を広く設定しないと
日々の収益が安定しないという所です。

中古店の仕入れ先は99%買い取りですから
どうしても在庫が豊富な時と少ないときがあるんです。

それにもかかわらず
自分の地元だけとか限られた地域だけだと、
在庫が枯れやすくなって安定した仕入れが出来にくいです。

よって稼ぎ続けるなら
行動範囲を広げるようにしましょう。

中古の最終は外注化or組織化

このようなデメリットはがあるので
どうしても収益の天井が低くなってしまうのが中古です。

ただしそれは1人でやっていた場合です。

冒頭でも言いましたが
世の中には中古でガッツリ稼いでいる人達がいます。

その方法は人を使って、
デメリットを減らして、
レバレッジを活用しているということです。

1番のデメリットである手間の部分も
人に任せるだけで時間を仕入れに注ぐ事が可能になります。

梱包や検品、商品説明なんて
絶対任せたほうが良いです。

方法としては、
まず出品代行会社がありますよね?

その業者と契約して
面倒な作業をやってもらうんです。

写真や商品説明文を書いてくれる所も多いので
自分の作業時間を大きく短縮することが出来るようになります。

費用を抑えた上で外注化したいのであれば
直接個人と契約して任せるという方法もあります。

外注さんを育てる必要がありますが
業者と比べて費用は安くなります。

これは何も難しいことではなくて
最初は友達に手伝ってもらう等、
軽く任せてみる程度で良いんです。

そうすると指示する側の経験が得られるので
どこがやりにくかったり理解し難いのか分かるようになります。(重要)

そこを試行錯誤すると初心者であっても
すぐ戦力になるようなマニュアルを作成できるんです。

外注さんの雇用先としては、

ランサーズ
クラウドワークス

といった有名所で集めることが出来ます。

、、、ちなみに外注さんを育成するのは大変です。笑

中古まとめ

ぶっちゃけ
ここに書いてある事を愚直に実践していけば
50万とかでも全然難しくないかなーと思います。

むしろ上手くやればもっといけます。

ちょっと話しすぎたかもしれんw

ここまでで中古については終了になります。

実践して収益が伸びたら、
ぜひメールで報告してください・ω・笑

それでは!